ワインに合うおつまみランキング。13位の○○は試してみたい!

家飲みでワインを愛してやまないあなたは、

最近どんな銘柄を楽しんでいますか?

 

お酒の時間を存分に楽しむなら、ワインに合うおつまみもまた欠かせませんよね。

 

今回は家飲みワインに合うおつまみランキングをご紹介します。

「定番」から「変わりもの」まで入った1~20位を見れば

これまで体験したことがない新しい発見が!

 

ぜひ次の買い出しの時に調達して試してみてください。

 

ワインに合うおつまみとは?

マリアージュ。ワインとおつまみ(料理)の相性の良さを表す言葉です。

香りや風味といった味わい、見た目の色合いやワインの産地によって、さまざまな合わせ方がありますよね。

定番の「チーズ」から、「生ハム」や「サラミ」、「チョコレート」まで。

あなたのお気に入りは何位かチェックしてみてください。

 

1位 チーズ

王道はやっぱり「チーズ」。

クリームチーズ、マスカルポーネ、エポワス、モンドールなど、その味わいはまさに千差万別。

スーパーに並ぶプロセスチーズもいいけれど、

たまには味わい豊かなナチュラルチーズもいいですよね。

 

原産地、熟成度、香り、塩味と、選び方は様々です。

このバリエーションの多さも

ワインの楽しみのひとつですね。

 

2位 生ハム

生ハムはそのまま食べても、ちょっとした創作料理にしてもおいしい万能タイプ。

切ったトマトと生ハムにオリーブオイルにかけたものや

生ハムをメロンやチーズに巻いたもの。

ちょっぴり高級感もあるところもまた雰囲気が良くなりますよね。

 

3位 ローストビーフ

牛肉の赤身の大きな塊肉を丸々焼いて作るローストビーフは、

見た目にも豪華で、脂身も少ない分、とてもヘルシーながら肉の旨味が味わえるので、人気の高い肉料理ですよね。

牛肉の脂をワインのタンニンと酸でさっぱりと、

ワインの旨味もお肉の旨味も両方が引き立ててくれます。

 

4位 スモークサーモン

スモークによる風味や香りに塩が効いた絶妙な味わいが魅力のスモークサーモン。

燻製特有の香りや塩味と、ワインの香りや渋味がバランス良くマッチします。

 

5位 サラミ

塩加減がワインにマッチするサラミ。特に赤ワイン特有の渋みから口の中を洗い流してくれていい感じです。

ついついワインがすすみ過ぎて飲みすぎてしまいますね。

 

6位 バケット

これさえあればの1品!

「パンはわが肉、ワインはわが血」とキリストの言葉あるように、パンとワインは最高です。

シンプルな味わいのフランスパンは、赤でも白でも、どんなタイプのワインの味も邪魔することなく

ずっと美味しくワインを飲み続けることができます。

 

7位 マリネ

カルパッチョとは違って食材を酢や油などに漬け込む調理法のマリネ。

パプリカ、トマト、ナスといったフレッシュな食材に

エビやサーモンと合わせた、すっぱくておいしいマリネは夏の暑い日にも最高です。

 

8位 ナッツ

ナッツを常備している方も多いのではないでしょうか。

最近では健康志向のロカボナッツやミックスナッツも登場し

毎日飲む人にもうれしいおつまみです。

ナッツにレーズンやいちじくなどのドライフルーツをミックスするのもありですね。

 

9位 ポテトチップス

ジャンクフードという罪悪感はありつつも、

その手軽さとおいしさからついつい買い足してしまうポテトチップス。

各メーカーから様々な味や種類がでていたり、

ちょっとお高めの本格チップスもあるので

お気に入りを探すのも楽しみですね。

 

10位 魚介カルパッチョ

レモンの酸味と白ワインの柑橘の香りや酸味は特に相性がいいですね。

彩野菜と白身魚のカルパッチョはテーブルに並ぶだけで

ワインがおいしく感じられます。

白身魚にもホタテ、彩野菜、サーモンと、

ソースの味も変えて楽しめますね。

 

 

11位 チョコレート

チョコの甘さとワインの酸味が美味!

普段そこまで食べないチョコレートでも、

仕事で疲れて帰った後の、ワインとチョコレートの相性は抜群。

 

カカオ多めの大人なビターチョコレートは

味もさながらポリフェノールが豊富で便通改善は美容効果など

健康面でもうれしいですね。

 

12位 魚介類のアヒージョ

エビやホタテ等の魚介類のアヒージョには白ワインがあいますね。

柑橘系のフレッシュな白ワインなら、魚介の旨味をきりっと引き立ててくれます。

また、豊かな香りや厚みのある白ワインもお料理のオイリーさと相性がいいので、美味しさを引き出してくれますね。

 

13位 麻婆豆腐

中華×赤ワインの意外な組み合わせ。

スパイスの効いた、香りと味わいの本格麻婆豆腐は、

口の中で色んな香りが絡み合って新感覚。

変わり種を入れたいときにはぜひ試してみてください。

 

14位 カナッペ

クラッカーの上に好きな具材を乗せて楽しめるカナッペ。

スライスしたリンゴとカマンベールチーズ、

ヨーグルトとフルーツなど、

その時の気分で具材を選べるのが人気の理由。

友だちや家族で集まったときのプチパーティを彩るおつまみとしてもおすすめです。

 

15位 鯖缶

日本の良き文化「鯖缶」も実はワインと相性が良い。

魚なので、白ワインの方がどちらかと言えば合うと思うかもしれませんが、じつは鯖が浸かっている味噌のコクが赤ワインと合わさると良い味を出します。

しっかりと味噌をつけて食べるのがおすすめです。

 

16位 オリーブ

元々はワインと同じ地中海性気候の名産のオリーブ。

ワインにあうおつまみの条件のひとつ「同じ原産地」が相性のヒミツです。

オリーブオイル漬けにしたやわらかい食感も、グリーンオリーブの硬めの食感もお好みで。

オリーブ果肉からじゅわっとあふれる風味がワインにぴったりですね。

 

17位 アボカド

洋風料理にも和風料理にも合う食材のアボカドは、ワインとの相性もよく、ひと手間かけるだけで絶品のおつまみが作れます。

アボカドクリームチーズの生ハム巻き、アボカドフライ、アボカドポテサラ。

クリーミーな美味しさはワインのおいしさを引き立てます。

 

18位 ラスク

ワインに合う甘くないラスクがあるほど、そのサクッとした食感と後味がやめられません。

チーズ味の濃厚なラスクもまたたまりません。

 

19位 ポテトサラダ

飲み屋にあるとついつい頼んでしまうポテトサラダ。

ワインだけではなくどのお酒にもあうこちらも万能タイプですね。

日本ポテトサラダ協会によると、スモークベーコン系、コーン系、アンチョビ系のポテサラとの相性が良いようです。

 

20位 ステーキ

ステーキには赤ワイン。

赤ワインに含まれるタンニンの渋味が、ステーキ肉の脂味を中和してくれるので、脂っぽい料理でも食べた後の口の中をさっぱりとさせてくれます。

味の強い赤ワインと牛肉の深みのある味わいは最高ですね。

 

家飲みをさらに楽しくするには?

気になるおつまみはありましたか?

どのおつまみも魅力的で、ついつい飲みすぎてしまいそうですね。

 

お店で飲むワインはもちろんですが、

家飲みが増えるこの時期には、家の雰囲気をガラリと変えて

高級レストランにいるような感覚を味わえるともっと楽しくなりますよね。

 

いつもとは違うお洒落なインテリアで

普段の家飲みをもっと楽しんでみてください。

 

↓家飲みをもっと楽しくするおすすめアイテム↓